平成29年度学校経営運営ビジョン

第二学期始業式 式辞

大きな事故がなく夏休みが終わり二学期がスタートできることをうれしく思います。この夏休み中にオリンピックが開催され、日本選手の活躍の様子が毎日テレビで報道され、感動しました。その中で、選手の小さい頃の様子が紹介されていましたが、共通していることがありました。小さい頃から夢や希望を明確に持っていて、それを文集やノート、張り紙に言葉で記していたこと。また、夢や希望を実現するための目標を自分なりのビジョンとして持っていたこと。そして、志を高く持ち、あきらめないで努力したことです。みなさんも、オリンピックの感動を忘れず、自分の目標をしっかりと持ち、実現のための方法をはっきりさせ、あきらめないで努力をしてください。

 さて、第一学期の終業式で、みなさんに二つのことを話しました。「命を大切にすること。自分を鍛えること。」だから、休み中に絶対、交通事故、川での事故、花火遊び等での事故で、命をなくさないように注意してください。そして、今やらなければならないことをきちんとやり遂げましょうと。みなさんの日焼けした元気な姿を見ると、「命を大切にすること。自分を鍛えること。」が十分にできた夏休みだったと思います。

 三十五日間の夏休みが終わり、今日から二学期がはじまりました。夏休み中の勉強や運動、地域の行事、さらには、中体連県大会・東北大会・全国大会、通信陸上大会、高校への体験入学、スピーチコンテストなど、学校生活では味わえない体験ができ、たくましくなったように思えます。夏休み中の思いでは、忘れないうちにまとめ、新たな気持ちで二学期に臨みましょう。 

  ところで、二学期は季節で言うと、大部分は秋の季節になるかと思いますが、夏の終わりから冬の始めまでの長い約四カ月になります。

  そのため、学校では、勉強の他に夏を締めくくる行事、秋の行事などを取り入れて楽しい学校生活を送れるように考えています。駅伝大会、中体連新人戦、遠足や職場体験活動などの校外活動、高坂祭、ヤングアメリカンズなど皆さんが活躍する行事がたくさんあります。一人ひとりが自信を持って全力で取り組みましょう。

 そこで、二学期を充実させるために、次の三つのことを特に意識してもらいたいと思います。

 一つ 服装・頭髪を整え、元気なあいさつをしよう。

 二つ 授業は真剣に受けて、毎日家庭学習をしよう。

 三つ 高坂祭をはじめ行事に積極的に参加しよう。   です。

 稲がたわわに実って頭を垂れるように、私達も目標に向かって努力し、一人ひとりが心身ともに成長できることを期待しています。実りの秋にふさわしい学期になるように頑張りましょう。            平成28年8月25日